ブルーレイには追記が可能なタイプも!ただし扱いは慎重に

大容量の記録ができることで話題のブルーレイ。
そのメリットを最大限活用するためには、容量いっぱいまで使うことがポイントだと考えられます。
まだまだ記録できるのに使わないのは、もったいないですよね。
ただ、ブルーレイを破損したときは、失うデータも大きくなります。
そのため、ブルーレイ作成に際しては、どの程度で抑えるかが大事ではないでしょうか。
あるサイトでは「BD-R」と「BD-RE」の紹介がなされています。
それらのブルーレイについて、前者は追記が可能、後者は書き換え型、という特徴が挙げられています。
つまり、BD-Rを使えば、容量の残り部分に新たなデータの追加ができるのです。
ただし「追記禁止処理」をした場合は追記できなくなります。
BD-Rを使うときは、そのような注意点を知ることが大切ですよね。
しかし、追記できないほうがよい場合もあるでしょう。
大事なデータを守るためにも、ブルーレイの扱いは慎重にする必要があるからです。
DVDよりも大容量がウリのブルーレイですが、勿体ない精神が高じるあまり、ブルーレイを破損してしまうと元も子もなくなります。
ブルーレイを有効に使いたい気持ちはわかりますが、それがすべてではないですよね。